基本情報

ジャン・デュビュッフェ(1901年7月31日~1985年5月12日)は、原始的な絵画や象徴的な主題の彫刻で知られるフランスの美術家である。子どもや囚人、精神障碍者の芸術を指す彼の「アール・ブリュット」(生の芸術)という言葉の採用は、彼自身が「リファインド・アート(洗練された芸術)」と呼んだものに対する反発であった。それは、彼の作品《アウトサイダーの巨匠》(1946年)に見られるように、砂、タール、ゴミから作られた初歩的な記号を表現することによって、伝統から逸脱したいという彼の願いであった。
デュビュッフェは、1901年にフランスのル・アーブルで生まれ、パリのアカデミー・ジュリアンで学んだ。卒業生としてラウル・デュフィ、シュザンヌ・ヴァラドン、フェルナン・レジェらがいた。デュビュッフェは1918年に6ヶ月間だけ授業に参加した後、中退した。1924年に父親のワイン事業を引き継ぎ、1940年代初めまで美術制作はしなかった。その後シュルレアリストのアンドレ・ブルトン、スラヴコ・コパクらとアール・ブリュット協会を設立し、作品を管理した。1985年5月12日、フランスのパリで83歳で死去した。彼の作品は現在、シカゴ美術館、ニューヨーク近代美術館、ワシントン・ナショナル・ギャラリー、パリのポンピドゥー・センターなどに所蔵されている。

  • 登録作品数1
  • 最終更新日
  • 作品一覧