基本情報

マーク・ロスコ(1903年9月25日~1970年2月25日)は、抽象画で有名なユダヤ系アメリカ人の画家である。《オレンジと黄色》(1956年)は、光沢を創り出すために油彩の薄いウォッシュを使用するロスコの技法の特徴的な例である。
1903年9月25日、ラトビアのダウガフピルスで生まれたロスコは、迫害から逃れるために1913年に家族と共に米国に移住した。ロスコはイェール大学に一年間奨学金で通ったが中退し、ニューヨークに移住した。マックス・ウェーバーのもとで学び、ミルトン・エイブリーの絵画のような平らなボリュームと豊かな色彩を採用した。この期間中、ロスコは多くの人物画を制作した。1940年代後半には非客観的な抽象化に移行し、空間上の人物ではなく純粋な色の集団を作り出した。ロスコは1964年、ヒューストンの美術収集家ジョンとドミニク・デ・メニル夫妻によって依頼され、多くの絵が描かれた非教区のチャペルであるロスコ・チャペルを作った。人生の大部分でうつ状態だったロスコは、1970年2月25日、ニューヨークで自殺した。66歳であった。現在、ロスコの作品は、ニューヨーク近代美術館、ロンドンのテート・ギャラリー、バッファローのオールブライト=ノックス美術館、ワシントン・ナショナル・ギャラリーなどのコレクションに所蔵されている。

  • 登録作品数1
  • 最終更新日
  • 作品一覧