基本情報

ジャクソン・ポロック(1912年1月28日~1956年8月11日)は、最も有名な戦後アメリカの美術家の1人である。抽象表現主義の先駆者であるポロックのアクション・ペインティングは、非表象的芸術の新しい時代を築いた。
1912年1月28日にワイオミング州コーディで生まれたポロックは、1920年代後半にロサンゼルスのマニュアル・アーツ・ハイスクールで絵画を学び、フィリップ・ガストンと友人になった。1930年の秋、ポロックはニューヨークに移り、アート・スチューデンツ・リーグでリージョナリズムの画家トーマス・ハート・ベントンのもとで学んだ。1937年にWPA(公共事業促進局)に加わったポロックは、ベントンとメキシコ人壁画家ホセ・クレメンテ・オロスコを連想させるスタイルで壁画を描いた。WPAの計画が終了した後、ポロックは数多くの風変わりな作品を描き、ジョアン・ミロの作品に影響を受けたシュルレアリスム作品を制作し始める。ポロック作品の初期の支持者であったペギー・グッゲンハイムは、画廊「今世紀の美術」でポロックの最初の個展を開催した。1940年代後半にロングアイランドのアトリエで制作された作品たちは、彼のキャリア全体の良い例となった。《ブルー・ポールズ》(1952年)などの作品は、メディアの注目を集め、ポロックを美術界を超えた有名人にした。1956年8月11日、ポロックは、ニューヨークのイースト・ハンプトンで愛人のルース・クリグマンを巻き込んだ交通事故で44歳の若さで死去した。現在、彼の作品はニューヨーク近代美術館、ワシントン・ナショナル・ギャラリー、ロンドンのテート・ギャラリーなどに所蔵されている。

  • 登録作品数46
  • 作品一覧