基本情報

ワシリー・カンディンスキー(1866年~1944年)は、ロシア出身の画家であり、美術理論家である。美術史においては、ピエト・モンドリアンやカジミール・マレーヴィチと共に、純粋抽象絵画の理論の創始者知られており、抽象芸術を理論家した「芸術における精神的なもの」が代表的著作である。1866年にモスクワで生まれ、オデッサで幼少期を過ごし、グレゴフ・オデッサ美術大学で美術を学ぶ。卒業後は、モスクワ大学に入学し、法律と経済を学び、タルトゥ大学にてローマ法に関する教授職に就いたが、教職の道を捨て、30歳を過ぎてから絵画を本格的に学び始める。1896年にミュンヘンに渡り、アントン・アズベの私立学校で学び、ミュンヘン美術学校でも学びを深める。1911年には、フランツ・マルクと共に青騎士を結成し、ドイツの前衛芸術運動で活躍し始める。カンディスキーは、作品を通して、内面に働きかけるような色彩を意識し、1910年から1913年の間に制作された「コンポジション」シリーズは、カンディスキーの代表的な精神的表現である。これらの表現は、ロシア象徴派の神秘的・包括的な世界観や、自身が関心を持っていた人智学からの影響に依るところが大きい。第一次世界大戦が勃発すると、カンディスキーは1914年にモスクワに戻った。レーニンの時代は、前衛芸術派「革命的」と認められおり、カンディスキーも政治委員を務めていたが、ヨシフ・スターリンが台頭してくると、モスクワ共産主義の中で、カンディスキーの抽象美術理論は疎んじられるようになってしまう。スターリンが共産党書記長に就任後、カンディスキーは1921年にドイツへと戻り、ナチス政権に閉鎖されるまでバウハウスの美術学校で教鞭をとる。その後、フランスへ移住し、1939年にフランス市民権を獲得し、最も重要な前衛美術家の一人としての地位を確立した。1944年にヌイイ=シュル=セーヌで死去。

  • 登録作品数25
  • 最終更新日
  • 作品一覧