基本情報

ギュスターヴ・モロー(1826年4月6日~1898年4月18日)は、フランスの象徴主義における重要な画家であり、主に聖書や神話の人物を描いたことで知られている。モローは画家として、象徴主義の作家や画家たちの想像力に訴えた。彼はイタリアのルネッサンスや異国趣味の作品の影響を受けている。芸術作品の多くは、パリにあるギュスターヴ・モロー美術館に所蔵されている。
モローはパリで生まれ、エコール・デ・ボザールで学んだ。ドラクロワや、モローの友人であリ崇拝者でもあったテオドール・シャセリオーの作品は、モローに大きな影響を与えた。彼は1857年にイタリアを訪れ、ビザンティン美術や、初期のイタリア画家に関心を寄せた。
モローは、自然主義がますます支配的になっていた時代に、宗教的および神話的絵画の伝統を永続させようとした。作品に対する批判のために、サロンにおいては断続的にしか出展できなかったが、後に彼はアカデミーの会員に選出された。また、1892年にエコール・デ・ボザールで教鞭を執り、マティスやジョルジュ・ルオーを含む学生から賞賛を集めた。モローは生涯の間、8,000点を超える絵画を制作した。その作品はオディロン・ルドン、ジャン・デルヴィルや、日本のイラストレーター天野義孝などにも影響を与えた。ギュスターヴ・モロー(1826年4月6日~1898年4月18日)は、フランスの象徴主義における重要な画家であり、主に聖書や神話の人物を描いたことで知られている。モローは画家として、象徴主義の作家や画家たちの想像力に訴えた。彼はイタリアのルネッサンスや異国趣味の作品の影響を受けている。芸術作品の多くは、パリにあるギュスターヴ・モロー美術館に所蔵されている。
モローはパリで生まれ、エコール・デ・ボザールで学んだ。ドラクロワや、モローの友人であリ崇拝者でもあったテオドール・シャセリオーの作品は、モローに大きな影響を与えた。彼は1857年にイタリアを訪れ、ビザンティン美術や、初期のイタリア画家に関心を寄せた。
モローは、自然主義がますます支配的になっていた時代に、宗教的および神話的絵画の伝統を永続させようとした。作品に対する批判のために、サロンにおいては断続的にしか出展できなかったが、後に彼はアカデミーの会員に選出された。また、1892年にエコール・デ・ボザールで教鞭を執り、マティスやジョルジュ・ルオーを含む学生から賞賛を集めた。モローは生涯の間、8,000点を超える絵画を制作した。その作品はオディロン・ルドン、ジャン・デルヴィルや、日本のイラストレーター天野義孝などにも影響を与えた。

  • 登録作品数24
  • 作品一覧