基本情報

ジョン・コンスタブル(1776年6月11日~1837年3月31日)は、出生地であるサフォークの田園風景を描いた風景画で有名なイギリスの画家である。彼は戸外で多くのスケッチを描き、大きな展覧会に出すための作品の基礎としてこれらを使い、アトリエで仕上げた。彼の作品は現在において非常に人気があるが、彼は生涯イギリスでは受け入れられなかった。しかし、パリにおいてかなりの成功を収めた。
コンスタブルはサフォーク州イースト・バーゴルトで生まれた。彼は主に独学で絵画修業をした。1799年、23歳でロイヤル・アカデミー付属美術学校の見習い生となり、1800年には生徒となった。彼は1802年にロンドンのロイヤル・アカデミーに出展し、その後パリのサロンで作品を展示した。彼はバルビゾン派やフランスのロマン主義運動に影響を与えた。
コンスタブルは、トマス・ゲインズバラのようにヤーコプ・ファン・ロイスダールのようなオランダ画家の影響を受けた。ルーベンスやクロード・ロランの作品は、色彩的かつ構成的なモデルとしてコンスタブル作品の助けとなったことが証明されている。しかし、コンスタブルの作品に見られる写実主義と生命力は、非常に独自なものとなっている。

  • 登録作品数3
  • 作品一覧