基本情報

レンブラント・ファン・レイン(1606-1669年)はオランダ人画家、製図者、版画家である。レンブラントは美術史において最も素晴らしい視覚芸術画家の1人であり、オランダ芸術の歴史において最も重要な人物であったと考えられている。

17世紀のオランダの多くの巨匠とされる芸術家とは異なり、レンブラントの作品は肖像画や自画像から背景画、風俗画、寓話的や歴史的絵画、聖書的や神話的絵画など幅広い様式で様々な題材の絵画を描いた。レンブラントの芸術はオランダ黄金時代と呼ばれる大きな富と文化的業績を得た時代に寄与した。その時代のオランダ芸術(とりわけオランダ絵画)はヨーロッパ全体で広がっていたバロック様式とは対照的で非常に多才で革新的であり、美術史上重要となるジャンルも生み出した。レンブラントはデルフトのヨハネス・フェルメールのような多くのオランダ黄金時代の芸術家と同様に、熱心なアートコレクターおよびディーラーとして知られていた。

レンブラントは海外に行ったことがなかったが、イタリア人の巨匠とされる芸術家やピーテル・ラストマンやピーテル・パウル・ルーベンスのようなイタリアで修行をしたオランダ芸術家の影響を大きく受けた。レンブランントの銅版画や絵画はその生涯と通し人気があり、芸術家としての評価も高かった。

  • 登録作品数99
  • 最終更新日
  • 作品一覧