基本情報

ジャック・ルイ・ダヴィッド(1748年8月30日~1825年12月29日)は、フランスの新古典主義の画家であった。1783年にアカデミーのメンバーになり、1780年代にはその構図やテーマの厳格さで注目された《ホラティウス兄弟の誓い》(1785年、ルーブル美術館蔵)を含む一連の絵画で名声を得た。同時に、彼は熟達した肖像画で知られるようになった。

ダヴィッドはパリで生まれ、古典様式の画家ジョゼフ=マリー・ヴィアンに師事し、1775年から1780年まではローマで過ごし、1784年から1785年の間に帰国した。彼は1789年のフランス革命に積極的に参加し、新しい議会の議員に選出され、王立絵画彫刻アカデミーの廃止に貢献した。1794年には、一時的に投獄されている。

ダヴィッドは、ナポレオン・ボナパルトの庇護を受けた画家であった。将軍、執政、皇帝としてのナポレオンを描いたダヴィッドの連続的な絵画は、フランスの指導者を讃える助けとなった。革命の勃発からナポレオンの失脚までの間、ダヴィッドと彼のアトリエのメンバーは、フランスの芸術に大きな影響を与えた。1815年にナポレオンが失脚した後、彼はブリュッセルに亡命し、絵を描き続け、そこで死亡した。

  • 登録作品数48
  • 最終更新日
  • 作品一覧