基本情報

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール(1593年生―1652年没)は1593年、現在は北フランスの一部であるロレーヌ公国にある市場町、メスの大司教管区があったヴィック=シュル=セーユに生まれた。
彼の家庭は田舎の職人階級で、父も祖父もパン屋を営んでいた。ラ・トゥールの初期の作品については記録や情報が無く、修行の経緯についても記述が残されていない。

彼は1605年あたりからヴィックにてアルフォンス・ド・ランベルヴィリエール(1560年生―1633年没)に師事した。ランベルヴィリエールは作家であり、且つメスの司教に仕える彫刻師でもあり、おそらくナンシーにて画家・エッチング彫版家として修行し、また製図工ジャック・べランジェ(1575年生―1616年没)と共に仕事をしたのではないかとされている。

ラ・トゥールは1610年と1616年にヴィックにいたとされており、その期間内にローマを周遊出来たのか否かについて未だ議論が続いている。この議論が生じる理由は、ラ・トゥールの下層社会生活における主観や、大胆なテネブリズム流の画法がカラヴァッジオ(1571年生―1610年没)とその弟子たちの作品に影響を受けているとされている為である。

  • 登録作品数19
  • 最終更新日
  • 作品一覧