基本情報

パブロ・ピカソ(1881年~1973年)は、生涯の大半をフランスで過ごしたスペイン出身の画家、彫刻家、版画家、陶芸家、舞台装飾家、詩人、劇作家である。20世紀で最も影響を与えた芸術家の一人で、ジョルジュ・ブラックと共にキュビスムの創立者である。アッサンブラージュ彫刻の発明、キュビスム追求の末のコラージュ再発見など、幅広く創造的な芸術活動を行ったことで知られている。生涯で約1万3500点の絵画、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作し、最も多作な美術家と記録されている。代表作は、キュビスム黎明期の「アヴィニョンの娘たち」(1907年)や、スペイン市民戦争におけるドイツ軍のゲルニカ空爆を描いた「ゲルニカ」(1937年)である。ピカソ、アンリ・マティス、マルセル・デュシャンの3人は、20世紀初頭の視覚美術に革命的な発展をもたらし、絵画のみならず、彫刻、版画、陶芸など幅広い美術分野に影響を与えた。第二次世界大戦中は、パリで芸術の代替的手段として書き物をしており、1935年から1959年の間に300以上の詩を制作している。戦後は、40歳年下の美大生フランソワーズ・ジローと恋愛関係になり、二人の子供を設けるが、ピカソのジローへの相次ぐ心身への虐待で破局となる。1950年代にピカソのスタイルは再び変化し、古典巨匠作品の再解釈とオマージュのような作品を制作し始める。1968年から1971年まで、何百もの絵画や銅版画を積極的に制作。ピカソの死後、80年代にアート・ワールドで新表現主義が流行り始めると、晩年のピカソの作品は注目を集めることとなった。

  • 登録作品数105
  • 作品一覧