基本情報

レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519年)は絵画・彫刻・建築学をはじめとして、力学・科学・音楽・数学・工学・文学・解剖学・地質学・天文学・植物学・執筆・歴史学・地図製作を含む幅広い分野で活躍した、ルネッサンス期のイタリア人の博学者である。ダ・ヴィンチは古生物学の父や建築学の父など様々な名称で呼ばれ続けているが、広範的には世界で最も素晴らしい『画家』のうちの1人であると認識されている。

時にはパラシュート、ヘリコプターや戦車の発明をおこない世間から賞賛され、ルネッサンス人文主義の理想を具現化した。多くの歴史家や学者はダ・ヴィンチのことを『世界的な天才』や『ルネッサンス・マン』、また「抑制することのできない好奇心」と「熱狂的な発明の想像力」を兼ね備えた人物であると表現し、現在に至るまでの世界で最も多様な才能を持っていた人物の1人であると認識されている。また日本の美術史では「万能の天才」と呼ばれている。

ダ・ヴィンチはフィレンツェのトスカーナのヴィンチという街で生まれ、アンドレア・デル・ヴェロッキオの工房で修行をした。初期の仕事の多くはミラノのフランソワ1世のために費やされた。

ダ・ヴィンチは主に画家として当時から現代に至るまで知られている。ダ・ヴィンチの作品の中で『モナ・リザ』(パリ・ルーヴル美術館)は最も有名で、同時に最も多くのパロディーが作られた肖像画であり、『最後の晩餐』(サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院)は最も多くの模写が制作された宗教画である。

  • 登録作品数51
  • 最終更新日
  • 作品一覧