基本情報

フラ・アンジェリコ(1390年/1395年頃~1455年2月)は初期ルネサンスのイタリア人画家。フラ・アンジェリコは「修道士アンジェリコ」を意味する通称であり、現代のイタリアではベアート・アンジェリコと呼ばれている。

ヴァサーリによれば、この画家の最初の作品はフィレンツェの修道会のための祭壇画であるとされるが、現存していない。1439年、彼は彼の最も名高い作品の一つである祭壇画「マエスタ」をフィレンツェのサンマルコ修道院のために描いている。これはの多くの聖人に囲まれた聖母子の構図を取りながら、従来からの天空に浮かぶ表現とは異なり、聖人たちは自然に地上に立ち聖母の栄光に立ち会った喜びを共に談笑しあっているかのように描かれている。この構図は聖会話として知られるようになり、後の画家たちも数多くの聖会話を手掛けた。

  • 登録作品数18
  • 最終更新日
  • 作品一覧