基本情報

エドヴァルド・ムンク(1863年12月12日~1944年1月23日)はノルウェーの画家である。その表現主義は、感情的不和を利用することで神秘的かつ象徴的な場面を作り出している。渦巻く形や空想的な色を特徴とする様式の印象的な作品《叫び》(1893年)は、美術史の最も象徴的な作品の一つである。
ムンクは1863年12月12日、ノルウェーのロイテンで生まれた。父親は精神病であり、母と姉は結核により亡くなっており、その幼少期は暗いものであった。1年間工学を学んだ後、1​​880年にオスロの王立絵画学校に入学し、印象派の影響を受けた自然主義様式を採用した。1889年にパリを訪れた際には、フィンセント・ファン・ゴッホとジョルジュ・スーラの作品を目にしている。二人の画家は、ムンクの色彩と技法に影響を与えた。何年も精神的な健康に悩まされていたムンクは、1908年にコペンハーゲンの病院に入院した。退院後はノルウェーに戻り、ゆっくりと回復しながら故国で残りの人生を過ごすことができた。彼の作品は、エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナーや他のドイツの表現主義者に大きな影響を与えるようになった。1944年、ノルウェーのエーケリーで死去した。1963年、オスロにムンク美術館が開館した。ムンクの作品は現在、ロサンゼルスのJ・ポール・ゲティ美術館、ロンドンのテートギャラリー、アムステルダム国立美術館、ニューヨーク近代美術館などに所蔵されている。

  • 登録作品数34
  • 最終更新日
  • 作品一覧