基本情報

ジャン=フランソワ・ミレー(1814年10月4日~1875年1月20日)はフランスの画家で、バルビゾン派の創設者の一人である。ミレーは農夫を描いた絵画作品で有名であり、写実主義運動の一部として分類することができる。

ミレーはグリュシーで生まれ、1837年にはパリの画家ポール・ドラローシュの生徒だった。彼は数年の間、18世紀フランス画家の作品を模写し、主に田園風景を描いた。オノレ・ドーミエのように、社会的不平等の見解を持つことでますますミレーは農民というテーマに向かい、1848年のサロンに出展した《箕をふるう人(唐箕)》で初めて好評を博した。翌年からは主にバルビゾンで活動し、風景画家のグループであるバルビゾン派とともに活動をした。

彼の作品は17世紀のオランダ絵画とジャン・シメオン・シャルダンの作品の影響を受け、オランダにおいてヨゼフ・イスラエルスやフィンセント・ファン・ゴッホの初期作品に影響を与えた。ミレーは、特に初期において、フィンセント・ファン・ゴッホの重要なインスピレーションの源だった。ミレーと彼の作品は、フィンセントの弟テオ宛の手紙の中で何度も言及されている。ミレーの後期の風景画は、クロード・モネのプールヴィルの断崖の連作へ影響をおよぼしただろう。また、構造的および象徴的な内容は、ジョルジュ・スーラにも影響を与えた。

  • 登録作品数21
  • 作品一覧