基本情報

アンディ・ウォーホル(1928年8月6日~1987年2月22日)はアメリカの画家であり、ポップ・アート運動の騎手だった。ロウ・リキテンスタインとロバート・ラウシェンバーグと並んで、ウォーホルは1960年代のマスメディア文化に応えた。マリリン・モンロー、エリザベス・テイラー、キャンベルのスープ缶、ブリロの箱などの文化と消費的シンボルのシルクスクリーンは、彼を同世代の中でも最も有名な画家の一人にした。
ウォーホルは、1928年8月6日、ペンシルベニア州ピッツバーグで生まれた。1949年にカーネギー工科大学を卒業後、商業イラストのキャリアを追求するためニューヨークに移り、ヴォーグやグラマーなどの雑誌イラストを制作した。ウォーホルはゲイであり、プライベートの多くを秘密にしていたが、時には芸術を通じてセクシュアリティに言及していた。これは、1950年代の男性ヌードと、詩人ジョン・ギオーノの裸を映した映画《スリープ》(1963年)で明白である。
1964年、ウォーホルはマンハッタンのイースト47番通りに「ファクトリー」と呼ばれるスタジオを借りた。彼はそこで版画や映画を制作した。ファクトリーは同時に、映画スター、モデル、アーティストの集会所となった。1980年代、ウォーホルはジャン=ミシェル・バスキア、フランチェスコ・クレモント、キース・ヘリングなど若手画家とコラボレーションした。1987年2月22日、胆嚢手術後の合併症により58歳で死去した。現在、彼の作品は、シカゴ美術館、ニューヨークのホイットニー美術館、ロンドンのテート・ギャラリーなどに所蔵されている。

  • 登録作品数5
  • 最終更新日
  • 作品一覧