基本情報

ヨハネス・フェルメール(1632-1675年)は、バロック期を代表する画家。レンブラントと並んで、17世紀オランダ黄金時代を代表する画家であり、観る者を引き込む巧みな写実表現と、光と空間に寄る構成が特徴。《真珠の耳飾りの少女》などで知られているが、その作品数は30程度となっており、寡作である。後半生は不遇の時代を過ごしており、その死後も長らく作品に注目されることはなかったが、19世紀フランスで再評価が進んだ。

  • 登録作品数37
  • 最終更新日
  • 作品一覧