基本情報

サルバトール・ダリ(1904年5月11日~1989年1月23日)はスペイン・フィゲーラス出身の画家。サルバトール・ダリは20世紀に活躍した画家の中でも最も多芸、多作の画家の一人であり、最も有名なシュールレアリストである。主に彼の画家としての活躍が記憶に残るが、彼の長いキャリアの過程で、彼は彫刻、版画、ファッション、広告、著作にも目を向け、ルイス・ブニュエル、アルフレッド・ヒッチコックと手を組んだ映画製作は特に有名である。ダリはその派手な個性、やんちゃな扇動者としての役割と共に、否定しようのないその巧みな技術力は定評を勝ち得ている。初期作品は有機形態学の手法を取り入れていることから、スペイン画壇のパブロ・ピカソやジョアン・ミロの系譜に入れられた。彼の絵画には、後期作品の超現実主義および宗教的象徴主義を通じてはっきりと見て取れる、古典やルネサンス様式の魅力も表れている。1922年、自分の持つキュビズムの解釈を実践するためマドリードのサンフェルナンド美術学校に入学して、自分の絵にキュビズムの概念を取り入れ始めた。1929年にオートマティズムに基づくアンドレ・ブルトンのシュールレアリスム・グループに参加したが、ダリの「ファシスト的思想」によりグループを除名された。最終的には、人は正気を保ちながら、妄想に陥った振りをすることができる状態、「偏執狂的批判的方法」と称する彼独自の制作法を創造した。第二次世界大戦中はアメリカに移住したが、1948年にスペインに帰国。1989年に死去。

  • 登録作品数76
  • 最終更新日
  • 作品一覧