基本情報

クロード・モネ(1840年11月14日~1926年12月5日)は、フランス印象派画家の創始者であり、自然を前にした際の知覚を表現するという哲学において、最も堅実で多作な開拓者であった。モネは、特にプレネール(外光)の風景画に専念した。 「印象派」という用語は、1874年にモネと彼の仲間がサロンに代わって開催した展覧会、第1回印象派展で展示した彼の絵画《印象、日の出》という画題に由来している。
モネはパリで生まれ、ル・アーヴルで育った。1856年頃、画家ウジェーヌ・ブーダンの誘いにより風景画を描くようになった。1862年にシャルル・グレールのアトリエに入り、ピエール=オーギュスト・ルノワール、アルフレッド・シスレー、フレデリック・バジールらと出会った。1860年代の作品構成においてエドゥアール・マネに影響を受けた一方で、後期風景画の形式張らない様式は、1869年にモネがブージヴァルでルノワールと共に描いた《ラ・グルヌイエールの水浴び》のような作品に由来していた。
モネは、カミーユ・ピサロとシャルル・フランソワ・ドービニーのように、普仏戦争の間はロンドンに逃れた。フランスに帰国後は、アルジャントゥイユに住んだ。モネは1874年から開かれた全8回の印象派展のほとんどに参加している。1883年にパリの北西にあるジヴェルニーに移り住んだ後は、ポプラ、積みわら、ルーアン大聖堂、ジヴェルニーの自宅の庭などの一つの主題を、様々な天候、季節で描いた有名な連作の制作に集中した。

  • 登録作品数47
  • 作品一覧