基本情報

ジョン・マリン(1870年12月23日~1953年10月2日)は、アメリカの初期のモダニズム画家である。抽象的な風景画や水彩画で知られている。
マリンはニュージャージー州ラザフォードで生まれた。誕生から9日後に母親が死亡し、ニュージャージー州ウィーホーケンの2人のおばによって育てられた。スティーブンス工科大学に1年間通ったが、建築家になることはできなかった。1899年から1901年まで、マリンはペンシルバニア・美術アカデミーに通った。ここではトーマス・ポロック・アンシュッツとウィリアム・メリット・チェイスとともに学んだ。彼はニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグ・オブ・ニューヨークにも通った。
1905年、多くのアメリカ人画家のように、マリンはパリに向かった。彼はサロンに作品を出展し、そこで現代美術に触れた。彼は6年間ヨーロッパを旅し、オランダ、ベルギー、イギリス、イタリアで作品を描いた。ヨーロッパでは、抽象的な雰囲気、様々な色彩を用いたほぼ純粋な抽象化、常に自由の感覚を伴う線形要素などの水彩の様式をマスターした。これは後の彼のトレードマークの一つとなった。
ジョン・マリンは抽象絵画を描いた最初のアメリカ人画家であった。後の抽象表現主義者に影響を与えたと考えられている。彼の建築に関する経験は、作品における建築テーマが果たした役割に貢献している。

  • 登録作品数1
  • 最終更新日
  • 作品一覧