基本情報

アーサー・ダヴ(1880年8月2日~1946年11月23日)は、アメリカの画家である。初期のアメリカ・モダニストで、彼はしばしば最初のアメリカ抽象画家と考えられている。
ダヴは、抽象画や抽象風景画を作り出すために、時には慣習的でない組み合わせや、幅広い媒材を使用した。1937年に描かれた《私と月》は、アーサー・ダヴの抽象風景画の良い例であり、彼のキャリアにおける最高傑作の1つと言われている。ダヴは1920年代に実験的なコラージュの連作を制作した。彼はまた、《タンク》(1938年、ボストン美術館蔵)に例示されているように、ワックス・エマルジョンの上に油絵の具やテンペラといった塗料を組み合わせる技法を試した。
1910年代と1920年代のアメリカは、急速な工業化と都市成長を経験した。ダヴは、自然を抽象的かつ現代的な色、形、線に変換することによって、急速な歴史的変化から逃れた。彼のキャリアは、自然界のゆっくりとした持続的なリズムや一年を通したサイクル、視覚的、精神的、聴覚的感覚への後退によって定義されている。
熱心なアマチュア音楽家でもあったダヴは、視覚芸術と音楽との類似にも深く触発され、ラジオで聴いた人気曲にインスパイアされた多くの作品を生み出した。

  • 登録作品数1
  • 最終更新日
  • 作品一覧