基本情報

ルカ・シニョレッリ(1450年頃-1523年)はルネッサンス期のイタリア人画家であり、遠近法を使った線画および製図者・図案者としての才能がとりわけ注目を浴びた。シニョレッリは1460年代、ルネサンス初期を代表する画家の1人、ピエロ・デッラ・フランチェスカの弟子であった可能性が高い。現在チッタ・ディ・カステッロ美術館で保管されている、残存している最初のシニョレッリの作品である断片的なフレスコ画(1474年)は、ピエロの影響を強く受けていることがわかる。1483年頃、バチカンのシスティーナ礼拝堂のフレスコ画の制作へ関わるためにローマへ行くが、それまでにはシニョレッリの表現方法は安定したものとなっており、生き生きとした人体表現と細かな筋肉描写はフィレンツェの自然主義派としてみなされた。シニョレッリの傑作『世界の終わり』と『最後の審判』(1499年~1502年)のフレスコ画は、オルヴィエート大聖堂のブリジオ礼拝堂にあり、ミケランジェロにも大きな影響を与えたと言われているこのフレスコ画は、様々な姿勢の裸体が力強い彫刻表現で描かれている。ローマとフィレンツェでの仕事があまりなくなった時、シニョレッリはウンブリアへと帰還した。

  • 登録作品数1
  • 作品一覧