基本情報

エドワード・ホッパー(1882年7月22日~1967年5月15日)は、著名なアメリカの写実主義画家、版画家である。彼は油彩画で最もよく知られているが、水彩画や銅版画においても優れた才能を発揮した。都市部、郊外の場面の両方において、ホッパーの質素かつ細かく計算された描写は、アメリカのモダン・ライフに対する個人的なビジョンを反映していた。
ホッパーは、ニューヨーク州ナイアックで生まれた。若い頃からハドソン川の蒸気船をスケッチするなどの芸術活動をしていた。ニューヨーク美術学校に進み、ジョージ・ベロウズとともにウィリアム・メリット・チェースとロバート・ヘンライのもとで学んだ。
現代的な都市生活において、エドワード・ホッパーのように個人の孤独をとらえた人間はいなかった。彼の都市像は、都市景観としての役割をはるかに超えており、人間の経験の暗黒部を露呈している。彼の作品は写実主義に分類されているが、それは二度の世界大戦の間の生活を喚起するものとなっている。人間の徴候を取り除いて最小限の動きのみを描き、印象的な光線を持つ狭苦しい空間構成を表現する劇的な手段を加えることで、ホッパーは主題の心理、精神を描き出した。これは抽象表現主義の先鞭となった。ホッパーは、日常生活を描いた率直な図像の中に、現代の大都市や郊外の生活の中に存在する個人の存在の重さを注ぎ込んだ。

  • 登録作品数2
  • 最終更新日
  • 作品一覧