基本情報

クロード・ロラン(1600年~1682年11月23日)はバロック期のフランスの画家、版画家である。彼は人生の大部分をイタリアで過ごした。当時のオランダ絵画の黄金時代とは別に、風景画に専念した重要な画家の1人である。彼は通常、聖書や古典的な神話の典型的な場面や小さな人物を追加することによって、風景画をより格式の高いジャンルである歴史画へと変身させていた。
ロランは、初期はフレスコ画を描いた。それらは評判を呼ぶのに重要な役割を果たしたが、現在ではほとんどすべてが失われている。1630年代の終わりには、ロランはイタリアの主要な風景画家となり、その作品には高値が付いた。価格は徐々に高くなったが、人物はより少なく、より慎重に描かれるようになり、制作の頻度は下がった。多くの作品に、以前はまれだった太陽を取り入れることを除いて、彼は一般的に風景画の革新者とはいえなかった。
ロランは現在、フランスの画家と考えられているが、独立国であったロレーヌ公国で生まれた。ほとんどすべての絵画はイタリアで制作された。19世紀後半には、彼はローマ派の画家とみなされた。彼のパトロンは、ほとんどがイタリア人であったが、死後はイギリスの美術収集家の間で非常に人気が出た。ロランの作品は現在、イギリスに多く所蔵されている。

  • 登録作品数28
  • 作品一覧