基本情報

カミーユ・ピサロ(1830年7月10日~1903年11月13日)は、当時デンマーク領であったセントトーマス島(現在はアメリカ領バージン諸島)にて生まれた印象派および新印象主義の画家である。彼の重要性は、印象派とポスト印象派の両方において貢献したことである。ピサロは、ギュスターヴ・クールベや、ジャン=バティスト・カミーユ・コローなどの偉大な先駆者から学んだ。54歳で新印象主義を追求し、ジョルジュ・スーラやポール・シニャックとともに研究、制作をした。
1873年、彼は15人の熱心な画家の集団を設立することに貢献し、グループを一つにまとめる中心的人物となった。美術史家のジョン・リウォルドは、ピサロを「印象派画家たちの長老」と呼んだ。彼はグループの中で最年長だっただけでなく、「賢明な美徳や、落ち着きのある親切で温かい人格」を備えていた。セザンヌは、「彼は私にとって父親であり、相談役で、神のような人だった」と言っている。ピサロは「ごまかしや尊大さ」のない自然環境で人を描くことを主張していたため、ルノワールは彼の作品を「普通の人間」の芸術的描写による「革命的」なものであるとみなしていた。
ピサロは、1874年から1886年まで開かれた8回の印象派展すべてにおいて作品を発表した唯一の画家である。彼は印象派だけでなく、ジョルジュ・スーラ、ポール・セザンヌ、フィンセント・ファン・ゴッホ、ポール・ゴーギャンといった4人の主要なポスト印象派画家の指導者としての役割をも果たした。

  • 登録作品数67
  • 作品一覧