基本情報

ジョージア・オキーフ(1887年11月15日~1986年3月6日)は、アメリカの女性画家である。花、ニューヨークの高層ビル、ニューメキシコの風景などを描いた絵画でよく知られている。彼女はまた、「アメリカモダニズムの母」とみなされている。

ジョージア・オキーフは1887年にウィスコンシン州サンプレーリー近郊で7人兄弟の2番目の子供として生まれた。彼女は母親から芸術を学ぶよう早くから励ましを受け、地元の画家サラ・マンから水彩画の手ほどきを受けた。オキーフは女性教育が制限された家族の出身だったが、幸運にも1905年から1906年までシカゴ美術館附属美術大学に通うことができ、そこではジョン・ヴァンダーポールとともに学んだ。

オキーフは、アメリカのモダニズムの発展と20世紀初頭のヨーロッパの前衛派運動との関係において、重要な役割を果たした。彼女は70年以上に大量の作品を制作し、自然界を抽象化することによって物体の感情と力を捉えようとした。彼女の夫であり写真家のアルフレッド・スティグリッツは、彼女を初めての女性アメリカ人モダニストとしてみなし、花、不毛な風景、クローズアップした静物画といった彼女の作品は、アメリカの芸術的風景の神話と象徴の一部となったと述べた。

  • 登録作品数2
  • 最終更新日
  • 作品一覧