基本情報

ウィリアム・アドルフ・ブグロー(1825年11月30日~1905年8月19日)は、19世紀のフランスのアカデミズム画家である。写実的な風俗画において神話主題を使用し、女性の体に重点を置くことで、古典的な主題を現代的に解釈した。彼の宗教的、神話的な活人画、古典的な裸体画、自然主義的影響を受けた質素な農民生活の場面を描いた絵画は、熱心な鑑賞者たちのために驚異的な速さで制作された。その生涯の間、彼はフランスとアメリカにおいて大きな人気を誇り、数々の公的な栄誉を与えられ、その作品には高い価格がつけられた。ブグローの作品は、高度に仕上げられた技術的に完璧な写実主義と、主題の感情的な解釈によって特徴づけることができる。印象派が生まれた当時のフランスにおいて、ブグローは典型的なサロン画家であった。
20世紀初頭、ブグローとその作品は、部分的な嗜好の変化によって評価が落ちた。1980年代、人物画への関心が高まるにつれて、ブグロー作品は再発見されることとなった。現在では、19世紀のフランスにおける重要な画家の一人とみなされている。彼は生涯で822の絵画を制作したが、その多くは所在がいまだに分かっていない。

  • 登録作品数49
  • 作品一覧