基本情報

テオドール・ルソー(1812年4月15日~1867年12月22日)は、フランスのバルビゾン派の画家である。1830年、彼はオーヴェルニュで数ヶ月を過ごし、自然の風景を描き、1831年にパリのサロンでデビューした。1830年代半ばからはより多くの時間をバルビゾン村で過ごすようになり、1844年に定住した。主な主題として、バルビゾン村の近くあるフォンテーヌブローの森の様々な地形が描かれた。彼の自然主義は、自然に対する徹底的かつ瞑想的な研究の結果であり、しばしば数年間、一つの作品に専念することもあった。
数年間サロンに落選し続けた彼の運命は1848年革命後に変わり、1849年には3つの絵画が入選し、金メダルを獲得した。その後1855年にはパリ万国博覧会にも参加し、審査委員長を務めた。晩年は名声を得た画家として過ごし、1867年にバルビゾン村で死去した。

ルソーの絵は、常に絶妙な憂鬱の空気と、荘厳な様式を持っている。完成後の絵はよく仕上げられていたが、ルソーは自分の主題をさらに発展させるために多くの時間を費やしたため、完全な完成作は比較的少ないといえる。ルソーはスケッチと水彩画も数多く制作し、多くの作品を残した。

  • 登録作品数12
  • 作品一覧