基本情報

ウィリアム・ホルマン・ハント(1827年4月2日~1910年9月7日)は、イギリスの画家であり、ラファエル前派の創設者の一人である。彼の作品は、細部への注目、鮮やかな色、精巧な象徴性から注目された。これらの特徴は、世界そのものは視覚的記号のシステムとして読まれるべきであるという、ジョン・ラスキンとトーマス・カーライルの著作の影響を受けている。ハントにとって、記号と事実の対応を明らかにするのは画家の義務であった。ラファエル前派のメンバーのうち、ハントはそのキャリアを通して彼らの理想に最も忠実に従っていた。彼は常に、自身の作品を一般公開してアピールすることに全力を注いでいた。
彼は1848年、詩人、画家のダンテ・ゲイブリエル・ロセッティと出会った後、ラファエル前派を結成した。ジョン・エヴァレット・ミレーとともに、彼らは真実に対する準宗教的献身の精神の中で、自然界の詳細な観察を強調し、芸術を活性化させようと努めた。
1850年代中頃、ハントはエルサレムを訪れて、さらに宗教的な作品を描くために正確な地形や民族誌の資料を探し、「イエス・キリストの歴史と教えをより具体的にする力」を用い、この地域の多くの風景画とともに、《贖罪の山羊》、《神殿で見いだされた主キリスト》、《死の影》を制作した。ハントはまた、イザベラやシャロットの女のような詩に基づく多くの作品を描いた。彼はその後、エルサレムに自分の家を建てた。

  • 登録作品数18
  • 最終更新日
  • 作品一覧