基本情報

“オノレ・ドーミエ(1808年2月26日~ 1879年2月10日)は画家や彫刻家としても活躍していた有名な風刺画家、石版画家である。1830年以降、彼は新聞で風刺画を描くことで、政府、政治家、フランスのブルジョアをあざけった。1832年、彼はルイ・フィリップ王の風刺画を作ったことにより投獄された。ドーミエはその生涯で、500枚以上の絵画、4000枚のリトグラフ、1000枚の木版画、1000枚の素描、100の彫刻を制作した。
ドーミエは1808年にマルセイユで生まれ、1816年に父親の後を追ってパリに出た。1822年には画家アレクサンドル・ルノワールの弟子となり、1820年代後半に版画ルーヴル美術館で巨匠の作品を学んだ。
彼のキャリアの過程で、ドーミエはドラクロワ、ミレー、コローなど、当時の主要な画家と交流を続けた。彼は現在では素晴らしい画家と考えられているにもかかわらず、おそらく風刺画家としての名声のために、生涯一般には認められなかった。ドーミエは1872年に失明し、ヴァルモンドワで事実上の隠居生活を送った。
ドーミエの作品は現代的な問題やファッションを扱っているが、時には文学の源泉から引き出された、時代を超越したテーマを描く傾向があった。

  • 登録作品数23
  • 作品一覧