基本情報

ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ(1824年12月14日~1898年10月24日)は、壁画で知られているフランスの画家である。彼は国民美術協会の共同創設者兼会長に就任し、その作品は他の多くの画家、特にロバート・ジェニンに影響を与えた。シャヴァンヌは、初期のフランス第三共和政における有名な画家であった。作家のエミール・ゾラは、彼の作品を「理性、情熱、そして意志で作られた芸術」と表現している。
シャヴァンヌはリヨンで生まれ、パリで絵画修業をした。彼はイタリアで1年間過ごし、ドラクロワやトマ・クチュールに師事するが、シャヴァンヌの技法に主な影響を与えたのはシャセリオーであった。シャヴァンヌの作品は、1859年までサロンに受け入れらることはなかった。
シャヴァンヌが後に最もよく知られることになる作品は、パリのパンテオンやソルボンヌ大学、アミアン、ポワティエ、リヨン、ルーアンで制作された壁画装飾、フレスコ画であった。彼は1867年にレジオン・ドヌール勲章のシュヴァリエを受け、1889年にコマンドゥールとなった。1890年には、オーギュスト・ロダンやジャン=ルイ=エルネスト・メッソニエとともに国民美術協会を創設した。

  • 登録作品数6
  • 最終更新日
  • 作品一覧