基本情報

“ウィリアム・ブレイク(1757年11月28日~1827年8月12日)はイギリスの詩人、画家、版画家である。生きている間にはほとんど世間に認知されなかったブレイクは、現在、ロマン主義時代の詩や視覚芸術の歴史において、重要な人物とみなされている。2002年、ブレイクはBBCによる「100人の偉大なイギリス人」の世論調査で38位となった。フェルパムで3年間過ごした期間を除いて、生涯の間ロンドンに住んでいたにもかかわらず、彼は想像力を「神の身体」または「人間の存在自体」として利用した、多様で象徴的な作品を生み出した。
ブレイクはその独自の考えにより同時代人には変人とみなされていたが、その表現力と創造性、そして作品内の哲学的で神秘的な含意において後の批評家からは高く評価された。彼の絵画や詩は、ロマン派のものとみなされている。聖書に敬意を払いながらも、イギリス国教会(実際にはほとんど全ての形式の宗教団体)に敵対的であったブレイクは、フランスおよびアメリカの革命における理想と野望の影響を受けた。後に彼はこれらの政治的信念の多くを否認したが、政治活動家トマス・ペインとの親密な関係は維持した。彼はまた、エマヌエル・スヴェーデンボリのような思想家の影響を受けた。こうした影響にもかかわらず、ブレイクの作品の特異性は、その作品を分類することを困難にしている。19世紀の学者ウィリアム・ロセッティは、ブレイクを「栄光の先覚者」、「先輩に出し抜かれず、同時代人に属さず、後輩に取って代わられることもなかった男」であると述べた。

  • 登録作品数9
  • 作品一覧