基本情報

ジャン・レオン・ジェローム(1824年5月11日~1904年1月10日)は、フランスのアカデミズムの画家であり彫刻家である。彼の手がけた作品の範囲は、歴史画、ギリシア神話画、オリエンタリズム、肖像画、その他の主題に至る幅広いものであり、アカデミック絵画の伝統に芸術的な高みをもたらした。彼はこのアカデミック美術期において、最も重要な画家の一人であると考えられている。彼はまた、多くの生徒を指導した教師でもあった。

ジェロームは、当時のフランスにおいて最も有名な画家の1人であった。彼は長年のキャリアの中で、論争と批判の対象となった。それは、特に写実主義者や印象派に対し、アカデミック絵画の衰えゆく伝統を守ろうとしたためであった。しかしジェロームは、まったく新しい絵画世界の創造者でもあったため、この伝統の継承者とは言えなかった。彼の作品はしばしば、珍しい主題や物語の変わった主題に基づいたものであった。歴史を描き、物語を描き、すべてを描く――これはジェロームの偉大な情熱であった。彼はコラージュや置き換えの美学を混ぜ合わせたジャンルや価値観の絶え間ない相互作用によって、人々の興味を引いた。現実の錯覚を表現する上での彼の絵画上の技能は、完璧に仕上げられた作品という結果に結びついた。

  • 登録作品数21
  • 作品一覧