基本情報

“ヤーコブ・ファン・ロイスダール(1629年頃~1682年)はオランダ人の画家、図案者、銅版画家である。ロイスダールはオランダ絵画が高い人気を博し、大きな富と文化的な業績を得たオランダ黄金時代において最も優秀な風景画家であると考えられている。多才で多芸であったロイスダールは、様々な題材で風景画を描いている。1646年頃からオランダの田園や田舎の風景を描き、また1650年にドイツに旅行へ行った後からの風景画は、より大胆で雄大なものとなった。アムステルダムに住み仕事をしていた後期には、都市のパノラマや海景色を定例のレパートリーに追加し、それらの絵画はしばしば空の絵がキャンバスの3分の2を占めていた。ロイスダールはスカンジナビアの風景と滝の絵画を150枚以上制作している。

ロイスダールの唯一の登記された弟子は、ロイスダールの風景に人物を描いた画家のうちの1人でもあるメインデルト・ホッベマ(1638年~1709年)であり、ホッベマの作品は時折ロイスダールのものと混同された。

ロイスダールの絵画は生涯を通しオランダ共和国で需要があった。今日に至ってそれらの絵画は、ロンドンのナショナルアートギャラリー、アムステルダム国立美術館、ロシアのエルミタージュ美術館を始めとする世界中に点在している。

  • 登録作品数1
  • 最終更新日
  • 作品一覧