基本情報

ベン・シャーン(1898年9月12日~1969年3月14日)は、リトアニア生まれのアメリカ人画家である。彼はソーシャル・リアリズム、左翼的政治観、そして「内容の外形」として出版された一連の講演でよく知られている。

社会的、政治的正義に焦点を当てた物語的芸術を生み出すというベン・シャーンの望みは、ソーシャルリアリズムと社会意識の芸術を実証することとなった。リトアニアの若者時代から人生の終わりまで、シャーンは彼のビジョンに忠実であり続けた。彼は人生で苦労している人たちの注意を引くような作品を、哀れみや感傷ではなく、敬意を持って描いた。シャーンは、1927年に2人のイタリア系アメリカ人移民に下された死刑判決を非難した作品、《サッコとヴァンゼッティの情熱》(1931-1932)に見られるように、政府と社会を果敢に批判した。

1898年9月12日、リトアニアのカウナスで正統派ユダヤ教徒の家庭に生まれたシャーンは、1906年に家族とともにニューヨークに移住した。シャーンはニューヨークの国立デザイン学院で勉強を続け、1920年代にヨーロッパ中を旅した。アメリカに帰国した後、1933年にディエゴ・リベラがロックフェラーセンターのフレスコ画《十字路の人物》を描く際に助手をしている。キャリアの後半における彼の作品では、社会的不公平の描写ではなく、より象徴的な自身の感情状態が描かれるようになった。

  • 登録作品数4
  • 作品一覧