基本情報

パウル・クレー(1879年12月18日~1940年6月29日)はスイス生まれの画家である。彼の非常に個性的な様式は、表現主義、キュビスム、シュールレアリスムを含む芸術運動に影響された。クレーは自然のデッサンに優れた画家であり、色彩理論を深く探究し、それについて広範に書いている。彼の講義「形式とデザイン理論に関する文書」は、「レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画論」と同じく現代美術にとって重要であると考えられている。
クレーはもともとドイツ表現主義者のグループ「青騎士」と関係していた。このグループの教義には、表現力豊かな色の可能性への関心と、音楽、精神性、民俗芸術との関係が含まれていた。その後、彼はロシアの画家ワシリー・カンディンスキーとともに、バウハウスの美術学校で教鞭をとった。クレーの多様な作品は、単一の芸術的な動き、すなわち「派」や「主義」に基づいて分類することはできない。クレーの作品は、乾いたユーモアと、時には子供のような視点、個人的な気分や信念、音楽性を反映している。彼の作品は、ニューヨーク・スクール(抽象表現主義者のグループ)、そして20世紀の多くの画家のインスピレーション源となった。

  • 登録作品数49
  • 作品一覧