基本情報

ジョージ・グロス(1893年7月26日~1959年7月6日)は特に1920年代のベルリンの生活を戯画化した素描画や油絵で知られたドイツの画家である。ワイマール共和国時代はベルリン・ダダと新即物主義派の中心的メンバーの一人だった。1933年にアメリカ合衆国に移住し1938年に市民権を得た。初期の作品にみられるスタイルと主題を放棄し、アート・スチューデンツ・リーグ・オブ・ニューヨークで長年定期的展示会を開き、教鞭をとった。1959年にベルリンに帰還しそこで没した。グロスのスタイルには表現主義、未来派から人気のイラストやグラフィティ、子供の絵まで様々な影響が見られる。1920年代、彼はベルリンとワイマール共和国のもつイメージを表現する作品を多く制作した。でっぷりしたビジネスマン、負傷した兵士、娼婦、性犯罪、バカ騒ぎは彼の作品の重要な題材だった。彼の最も知られる作品群は意図的に単純化された風刺画の形式を採用しているが、彼の素描画家としての技量はすばらしいものがある。彼の作品にはいくつかの不条理主義の作品や性愛を扱った作品も含まれる。アメリカ合衆国に移住後の作品はより感傷的な様相を帯びたものとなり、この変化は才能の衰えとみなされ、彼の後期作品はベルリン時代ほどの成功を博すことはできなかった。

  • 登録作品数33
  • 作品一覧