基本情報

ペルジーノ(1446から1452のどこか-1523年)はウンブリア派のイタリアの画家であり、ルネッサンス盛期において古典的な表現方法を見出した画家である。ペルジーノはペルージャの工房でバルトロメオ・カパラリやフィオレンソ・ディ・ロレンツォなどの絵画を学び始めたと言われており、また芸術家の列伝を執筆したジョルジョ・ヴァザーリによれば、その後ペルジーノはレオナルド・ダ・ヴィンチやその他の画家と共にアンドレア・デル・ヴェロキキオの工房に弟子入りしたとされている。ペルジーノは多彩な才能があったと言われているが、絵画を描くことに対してはさほど熱心ではなかった。

ペルジーノは油絵を描いた初期の画家の1人であった。ペルジーノの初期の作品のいくつかは、フィレンツェ包囲戦の間に崩壊してしまったインゲッサティ教父の修道院のために制作されたフレスコ画であったが、その他にも教会のステンドグラスのための風刺画などを多く制作した。1490年から1500年頃にかけて、ペルジーノは絶大な人気を誇り、その間でのペルジーノの最も優れた作品として《ピエタ》や《聖母子と聖人》またフィレンツェ修道院の十字架のフレスコ画などが挙げられる。

  • 登録作品数25
  • 最終更新日
  • 作品一覧