基本情報

ピサネロ(1395年頃~1455年頃)は、職業上アントニオ・ディ・プッチョ・ピサーノ、またはアントニオ・ディ・プッチョ・ダ・チェレートとしても知られている。ジョルジョ・ヴァザーリによってヴィットーレ・ピサーノとも呼ばれているが、これは誤りである。彼は初期イタリアルネッサンス期とクァトロチェント(15世紀イタリア芸術)において最も名高い画家の一人である。グアリーノ・ダ・ベローナのような詩人や当時の人文主義者に賞賛され、チマブーエ、ペイディアス、プラクシテレスといった輝かしい名とともに並べられ、比較されるほどであった。

ピサネロはフレスコによる大きな壁画や上品な肖像画、小さな板絵、そして多くのすばらしい素描で知られている。彼はまた、15世紀の前半の最も重要な記念メダル作家でもあった。ピサネロは、この重要なジャンルの開拓者であると言うことができる。

彼はヴェネツィアの首長、ヴァチカンの教皇、ヴェローナ、フェラーラ、マントヴァ、ミラノ、リミニの宮廷、ナポリの王によって雇われ、ゴンザーガ家やエステ家において高い評価を得た。

ピサネロは、その作品の多くが、ピエロ・デラ・フランチェスカ、アルブレヒト・デューラー、レオナルド・ダ・ヴィンチのような他の画家の作品と誤認されてきた。彼の絵画のほとんどは現在失われているが、素描やメダルの多くは今も残っている。

  • 登録作品数3
  • 最終更新日
  • 作品一覧