基本情報

ヤン・ステーン(1626年頃~1679年)は17世紀オランダ黄金時代のオランダ人風俗画家である。ステーンの作品は心理的洞察、ユーモアのセンスや豊かな色彩表現で知られている。

ステーンは1626年頃南オランダのライデンの裕福な家庭に生まれた。カトリック教の家族は醸造家であり、2世代に渡って居酒屋『The Red Halbert』も経営していた。

‘日常的な生活’はステーンの主な絵画の主題であった。『聖ニコラウスのお祭り』(アムステルダム国立美術館)のようなステーンが描いた多くの風俗画は非常に混沌としており、『ヤン・ステーン一家』(A Jan Steen Household)という言葉が実際に乱雑な場面を意味するオランダの諺にもなっている程である。

ステーンの多くの絵画はオランダの諺や文化を背景にしていることが伺える。人物画のモデルとして彼の家族を使用し、また自分自身も時折描くことがあった。

ステーンはまた歴史的絵画、神話的および宗教的絵画、静物画も描き、ペルシャ絨毯や他の織物に当たる光の細かな表現でよく知られていた。ステーンは非常に多才であり、800枚もの絵画を残し、そのうちの約350枚が現存していると言われている。それらの作品は当時から高く評価され、同時に絵画の価値も高く高価な金額が支払われた。

  • 登録作品数26
  • 最終更新日
  • 作品一覧