基本情報

ウィリアム・ターナー(1775年4月23日~1851年12月19日)は、おそらく最も愛されているイギリスのロマン主義画家である。彼は風景や海景の主要な構成要素としての鮮やかな色への関心の高まりから、「光の画家」として知られるようになった。ターナーの作品には、水彩画、油彩画、彫刻などがある。
ターナーはロンドンのコヴェント・ガーデン近郊で生まれ、1789年にロイヤル・アカデミー・スクールに入学した。彼の初期の作品は18世紀のイギリスにおける伝統的水彩画であった。その後、ウィレム・ファン・デ・ヴェルデ2世のような17世紀のオランダ人画家や、クロード・ロランやリチャード・ウィルソンのイタリア風景画に影響を受けた。
彼は1790年からロイヤル・アカデミーで水彩画を展示し、1796年からは油彩画を展示した。1840年に批評家ジョン・ラスキンに出会った。ラスキンはターナー作品を高く評価した。
ターナーはその後、近代的な技術に興味を持つようになった。《戦艦テメレール号 》や《雨、蒸気、速度》にその興味が見て取れる。当時、彼の自由で表現豊かなこうした主題は批判されたが、現在では広く評価されている。ターナーは多くの作品を国に遺した。その大部分は現在、テート・ブリテンに所蔵されている。

  • 登録作品数20
  • 最終更新日
  • 作品一覧