基本情報

ウィリアム・ホガース(1697年11月10日~1764年10月26日)は、イギリスの画家、版画家、風刺家、社会批評家、風刺漫画家であった。彼の作品は、現実的な肖像画から、「現代の道徳的主題」と呼ばれる漫画のような連作にまで及んでいた。おそらくもっとも知られている彼の版画連作には、「娼婦一代記」、「放蕩一代記」、「当世風の結婚」などがある。彼の作品は非常に広く知れ渡ることとなった。この様式で描かれた風刺的な政治イラストは、しばしば「ホガーシアン」と呼ばれている。

ホガースはロンドンの下位中産階級の家庭に生まれた。若い頃、彼は彫刻を専門とする訓練を受けた。彼の父は、債務未払いのために一度投獄されている。このことが、ウィリアムの絵画や版画に鋭さをもたらしたと考えられている。

フランスとイタリアの絵画や彫刻の影響を受けたホガースの作品は、時に荒々しく性的な風刺画でよく知られている。それらは広く普及し、版画で大量生産された。ホガースは、当時のイギリスにおいて最も重要な画家であったといえる。ヨーロッパ中に広がったホガースの風刺版画は、18世紀、19世紀および20世紀の多くの風刺画家に影響を与えた。

  • 登録作品数22
  • 最終更新日
  • 作品一覧