基本情報

エドゥアール・マネ(1832年1月23日~1883年4月30日)は、フランスの画家である。彼は現代生活を描いた最初の19世紀画家の1人であり、写実主義から印象主義への移行の中心的人物でもあった。マネは印象派のリーダー格とみなされていたが、印象派展には参加せず、サロンへの出品を続けた。現代生活から引き出された慣習にとらわれない主題と、絵の具を扱う際の画家の自由への関心により、マネは印象派の重要な先駆者となった。

マネは、裕福な両親のもとに生まれた生粋のパリジャンであり、トマ・クチュールのもとで絵画修業をした。彼の作品は、光と影の対比、黒に重きを置いた制限された色調、モデルを直接描くことを基本としていた。この様式の採用には、スペインの画家ベラスケスの作品が直接影響を与えたと考えられている。

パリでは、前衛派の作家、特に《テュイルリー公園の音楽会》(1862年)に描かれているボードレールと交流を持った。マネの作品はサロンに落選した作品の展覧会である「落選展」で有名になった。1863年と1867年には個展を開いている。1870年代にはモネとルノワールの影響を受けて、印象派に直接触発された風景や通りの場面を描き出す。マネは他の印象派画家とともに作品を出展することに消極的であり、生涯サロンにおける承認と成功を求め続けた。

  • 登録作品数34
  • 最終更新日
  • 作品一覧