基本情報

ジョット・ディ・ボンドーネ(1266-1267年頃-1276年)は14世紀における最も重要なイタリア人画家であり、その作品によって一世紀後に発展したルネッサンス様式が革新された。

七世紀末まで、ジョットはヨーロッパ絵画の父として,またイタリア人初の巨匠として崇拝されてきた。彼はフィレンツェ出身画家チマブーエの弟子とされており、アッシジ・ローマ・パドヴァ・フィレンツェ・ナポリにおいてテンペラ画法を用い、フレスコ画とパネル画を使い教会の装飾を施した。

彼の人生と作品についてはごく僅かしか記録が残されていない。その為、芸術の属性・様式の変遷には疑問とかなりの推測が残されている。

ジョットはその人生において素晴らしい名声をエており、The Divine Comedyの中で、ダンテは彼の師と言われているフィレンツェ出身画家のチマブーエとの関係についてこう述べた。「チマブーエは絵画の分野を支配しようと思っていたが、今はジョットが喜びの声をあげているせいで、チマブーエの名声はあまり知られていないのだ」。

ダンテが彼について言及していたという事実は、14-15世紀のイタリアにおける名声を確立するには十分であった。

  • 登録作品数27
  • 作品一覧