基本情報

ギュスターヴ・クールベ(1819年6月10日~1877年12月31日)は、19世紀のフランス絵画における写実主義の重要な画家であった。彼の作品は、ジャン=オーギュスト・ドミニク・アングルの古典主義や、ウジェーヌ・ドラクロワのロマン主義と対照をなしている。彼は、アカデミー的な慣例における上質な仕上がりを軽視するように、重い厚塗りの表面を作り出すためにパレットナイフを使用した。
クールベはフランス東部のオルナンで生まれ、ブザンソンで絵画修業をした。1840年からはパリ、特にルーヴル美術館で、オランダとヴェネツィアの絵画を学んだ。彼は1844年にサロンに入選するが、その後人々からは批判を受けた。彼の成熟した作品はしばしば、《画家のアトリエ》のような野心的な絵画のように、大きなスケールの歴史画において風俗的主題を扱うことがあった。これが1855年の万国博覧会で落選した後、彼は写実主義者としての地位を確立するために個展を開催した。
1850年代から、クールベはフランスを旅した。彼は後に1871年にパリ・コミューンに参加するが、その際美術委員会の議長として、ヴァンドーム広場の円柱の破壊の責任を負わされ、投獄された。《リンゴとザクロのある静物 》は、刑務所の中で描かれた。晩年はスイスに亡命し、そこで生涯を終えた。

  • 登録作品数39
  • 作品一覧