基本情報

グスタフ・クリムト(1862年7月14日~1918年2月6日)は、オーストリアの象徴主義画家であり、ウィーン分離派の主要メンバーの1人である。クリムトは、絵画、壁画、スケッチ、その他さまざまな芸術作品を制作した。中でも、装飾的かつ抽象的なパターンや金箔を使用した「黄金の時代」の作品でよく知られている。
クリムトの主題は女性の身体であり、率直なエロティシズムによって特徴付けられている。寓意や肖像画を含む比喩的な作品に加え、風景画も描いた。クリムトは、ウィーン分離派の画家の中でも、日本の芸術やその技法の影響を最も受けていた画家であった。
クリムトはウィーン近郊のバウムガルテンで生まれ、1897年まではウィーンで公的な依頼を受けていた。ウィーン分離派は、装飾的な線と二次元的な表面の尊重を特徴としたモダニズム運動を行うグループであった。彼は1904年に分離派から脱退した。クリムトは、20世紀初頭のウィーンにおける有数の画家であり、特にエゴン・シーレに影響を与えた。建築、家具、衣装のデザイナーとしても重要な役割を果たした。
クリムトは生涯結婚しなかったが、多くの愛人と関係を持ち、14人の子供の父親であったと言われている。

  • 登録作品数23
  • 最終更新日
  • 作品一覧