基本情報

ロイ・リキテンスタイン(1923年10月27日~1997年9月29日)は、商業芸術やミッキーマウスのようなポップカルチャーのアイコンを描いた絵画や版画で知られるアメリカ人画家である。新聞や漫画で濃淡と質感を表現するのに使われたベンデイドットを用いて構成されたリキテンスタインの作品は、機械技術をはるかに大きなスケールで手によって模倣したものである。彼はクレス・オルデンバーグ、アンディ・ウォーホル、ジャスパー・ジョーンズと共にポップアートの確立に貢献した。
1923年10月27日にニューヨークで生まれたリキテンスタインは、高校卒業後、ニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグで画家レジナルド・マーシュもと絵画を学んだ。第二次世界大戦中に従軍した彼は、フランスに駐留している間、ヨーロッパの巨匠や現代芸術家の作品と出会った。戦後はアメリカに戻り、オハイオ州立大学で学位を取得し、抽象表現主義の絵画を制作した。リキテンスタインは、1950年代後半にラトガース大学で美術を教え始め、パフォーマンス・アーティストのアラン・カプローを含むニューヨークのアートシーンに関わる仲間と出会った。1960年代初頭には、ニューヨークのレオ・カステリ・ギャラリーにて展示を始め、当時のメロドラマ的パルプ・フィクションを風刺的に取り入れた《溺れる少女》(1963年)などの画期的な作品を制作した。皮肉とクリシェといったテーマは、クロード・モネの連作をベースにした《積みわら》(1969年)に示されているように、リキテンスタインのキャリアを通して続いた。リキテンスタインは1997年9月29日、ニューヨークで死去した。現在彼の作品は、シカゴ美術館、ニューヨーク近代美術館、ワシントン・ナショナル・ギャラリー、ロンドンのテート・モダンなどに所蔵されている。

  • 登録作品数1
  • 最終更新日
  • 作品一覧