基本情報

ジャスパー・ジョーンズ(1930年5月15日~)は、抽象表現主義とポップ・アートの間の時代を定義するアメリカの画家である。おそらく彼の最も有名な作品である《旗》(1954-1955年)は、紙、蝋油、布のコラージュである。ジョーンズはこの作品でアメリカの国旗の抽象化を行いながら、その力を弱めている。
ジョーンズは、1930年5月15日にジョージア州オーガスタで生まれた。サウスカロライナ大学を卒業した一年後にニューヨークに移住した。ニューヨークでは、ロバート・ラウシェンバーグ、マース・カニンガム、ジョン・ケージらと出会った。親友ラウシェンバーグの作品とともに、ジョーンズの作品は現代美術に対するマルセル・デュシャンの影響の復活を意味した。彼らの文化的イメージ(看板、地図、ダーツの的)を混ぜ合わせたネオダダ作品は、アンディ・ウォーホルのようなポップ・アーティストの進歩と並行して作られた。ジョーンズは1988年にヴェネチア・ビエンナーレで金獅子賞を取り、2011年に大統領自由勲章を授与された。現在はコネチカット州のシャロンに在住している。彼の作品は、シカゴ美術館、ニューヨーク近代美術館、ワシントン・ナショナルギャラリー、ロンドンのテート・ギャラリーなどのコレクションに所蔵されている。

  • 登録作品数2
  • 最終更新日
  • 作品一覧