基本情報

ウィレム・デ・クーニング(1904年4月24日~1997年3月19日)は、抽象表現主義運動の形成を助けたオランダ出身のアメリカの画家である。人物、風景、静物に基づいた彼の作品は、アメリカ式の絵画を確立するのを助けた。おそらくデ・クーニングの最も有名な作品は、パブロ・ピカソの作品にインスパイアされた連作《女》である。それらは人物を解体するための独創的なアプローチを特徴としている。
1904年4月24日にオランダのロッテルダムで生まれたデ・クーニングは、1926年にアメリカに渡る前に故郷で芸術を学んだ。彼は最初にニュージャージー州ホーボーケンに住み、塗装屋、大工として働いていた。1927年にニューヨークに定住した。ニューヨークでは、ウィンドウディスプレイやファッション広告を手掛ける商業画家として生活した。彼のキャリアの大きな転換点は、1930年代、芸術家としての成熟を確固たるものにした画家アーシル・ゴーキーとの交流であった。画家の妻エレイン・デ・クーニングも、著名な画家となった。デ・クーニングは、1950年代半ばに《インターチェンジ》(1955年)のような作品で形から遠ざかり、風景に近づいた。1960年代後半には、ロングアイランドの農家で独特の作品を作り続けた。デ・クーニングは1997年3月19日、ニューヨーク州イースト・ハンプトンで死去した。彼の作品は現在、ニューヨーク近代美術館、シカゴ美術館、ロンドンのテート・ギャラリー、バーゼル美術館などに所蔵されている。

  • 登録作品数19
  • 作品一覧