基本情報

フィンセント・ウィリアム・ファン・ゴッホ(1853年〜1890年)は、オランダ人のポスト印象派の画家であり、西洋美術史において最も有名で、最も影響を与えた芸術家である。たった10年の間に、約2100の作品を生み出し、うち860点は油絵で、風景画、静物画、肖像画、自己肖像画などで、大胆な色彩と、現代美術の基礎となった劇的で、衝動的で、表情豊かな筆使いが特徴となっている。その作品のほとんどは、彼の人生最後の2年間に制作されたものである。ゴッホは、精神疾患と貧しさに苦しみ、37歳で自ら命を絶った。

ゴッホは中流階級の家庭に生まれ、アートディーラーとして働き、良く旅にも出ていたが、ロンドンへ移住した後にうつ病を患ってしまう。彼は宗教に傾倒し、南ベルギーではプロテスタントの宣教師として活動していたが、病気と孤独に陥り、両親に故郷へ戻される。弟のテオは、ゴッホを経済的に支え、二人は長年往復書簡を続けていた。1886年にゴッホはパリへと移り、印象派に反発していたエミール・ベルナールやポール・ゴーギャンと出会う。ゴッホは、独自の描写が発展していくにつれ、静物画と地元の風景画に新たなアプローチを取り始めた。1888年の南フランスはアルル滞在中に、絵はより明るくなり、独自のスタイルを実現した。この期間に、オリーブの木のシリーズや、小麦畑、ひまわりが描かれた。

  • 登録作品数106
  • 作品一覧