作品概要

素描を消す》は、画家のロバート・ラウシェンバーグによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

素描を消す

ロバート・ラウシェンバーグ(1925年?2008年)が実験的な作品を作り始めたのは1950年代初頭のことだ。当時の作品で有名なのは本作『デ・クーニングの素描を消す』(1953年)である。ラウシェンバーグは、抽象表現主義の大家、デ・クーニングの素描を本当に消して作品にしてしまった。そうすることで、一般に正しいとされている芸術の定義に挑んだのだ。その他多くの画家の作品にもこの美学は関係していると言えるだろう。

その後の作品

やがて画家は絵具や雑誌の切り抜き等、様々な材料で構成された作品を生み出していき、今日では画家の象徴的なスタイルの一つとなっている。それは抽象表現から脱皮するための道でもあった。ラウシェンバーグは芸術と生活の橋渡しに成功する。彼が旗手となったポップ・アートは抽象表現に代わる道を提示している。

基本情報・編集情報

  • 画家ロバート・ラウシェンバーグ
  • 作品名素描を消す
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 素描を消すの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。